アラズヤ商店

日々のナマキズ

世の中どうかしとるよ

3.11を蹂躙するこの国の見えやすいところばっか真に受けて堪るかくそむかつく

明日からウチのお店の近所の橋が開通するらしいという噂を耳にしているのですけれど、それは正確なハナシなのでしょうか。 そんなことよりは明日は3月11日、忌まわしき記憶たる国民の日ですから、ちょっとした橋が開通しようがしまいがそんなことはほんの誤…

大切な人はいます申し訳ないほどですまじで申し訳ない乱筆失敬

ものすごく乱暴ですし、馬鹿げていることもわかっているんですけど、でも所詮こんな性格なのでやはり辛抱しきれずに言ってしまうと、タピオカも何とかウイルスも何も変わらないでしょ実際、と思っているんですよね個人的には。 行列するのも買い漁るのも同じ…

棚の空っぽは、われわれのことだ

「早く買わないとなくなっちゃうっ」なんてバタバタと慌てている人って、どこにいるんですか。 あたしの周りには、そんなそそっかしいような人はただの一人だって見かけないのですが、それってむしろヤバいんですか。 危機管理意識がなさすぎですか。 世の中…

もはやマスクが馬鹿の印に見える

ポップアップの通知がもはや不幸の手紙状態です。 株価急落、外出制限、果ては買い占めの横行なんて状況はもはや無秩序一歩手前の自滅ターン猛驀進ですよね、自分ばかり助かってホッとできるつもりなら勝手にしたらいいですけど、そんな根性ではいつかきっと…

イノベーションという適性論(推論)

日本でウーバーが決して普及しない本質的理由 https://toyokeizai.net/articles/-/331331?display=b そもそも自家用車での移動が多く、旅客事業への依存度が低い田舎者にとってはあまり馴染まない新規文明の話、という気がしないでもないですが、いやいや、…

ウイルスは変異しても、混乱する人間は相変わらずらしいです

ついに県内でも感染者が確認されたらしいのですが、ついになのか今さらなのか、その受け止め方は様々なようですが、デマ情報なども多く、徒に緊張と不安ばかりが増すという由々しき事態には違いありませんね。 季節外れともいえる今日の雨が如何ばかりか空気…

片手落ちみたいな進化なら、またしてもケンカだ

2025年、人が「買い物」をしなくなる理由 https://diamond.jp/articles/-/229647?display=b 内容に対してものすごく誇張された見出しですし、読まなくても書いてあることは何となく察しが付く内容なんですけど、気になった人は読んでみてください。 単純に何…

幽霊船を叩き上げよう中途半端では苦しいよね

近頃、手相がぐちゃぐちゃなのです。 特に左手が手相というよりはただのしわくちゃで、なかったはずの運命線がいつの間にかしれっと月丘にむけて伸びていたり、がったがたの財運線は相変わらずなのだけれど太陽線が二重になって伸びてきたり、今の自分の置か…

普遍は変化の底のことで、おまえらの安心のことなんかじゃない

今日もくめ納豆を食べられるのが嬉しい。 その喜びは実にシンプルなものなんですが、たまに赴いたスーパーでくめ納豆が見当たらないときはシンプルでもなくない欠落のような感情を思いつく程度にはがっかり(日本語)してしまうので、シンプルなりにも個人的…

自分が自分以外に何かが出来るなんて、そんな下品なことは考えるものじゃなかった

そもそも不真面目に出来ているので、努めて不真面目に照らして振舞わないと死にそうな気がする、っていう側面を当然の如く抱えてこそ案外まともな気がする、なんて書いているだけでもアタマおかしい感じのことがわりと絶対的な判断として機能してしまう、そ…

そんなもん売ってませんし、ムカつかれても困ります

商売やめます。 少なからず執念深く思い続けてきたことでしたが、やはり、と昨日はっきりと思いました。 そんなものはやはり、あたしには端から向いていなかったよな、とやけに腑に落ちました。 商売というものに所詮”意図”などというものは存在せず、それは…

先端らしい細い行列と、退屈らしい俺さま知性という大半

これまでほとんど無思考レベルで“良かれ”としてきたはずのものが、あるとき突然“クソくだらねえ”なんてちょっと口が悪い感じなんですけど、つまりそんな風にしか到底思えなくなってしまう瞬間ってないですか。 どうして行列してまでタピオカ飲みたかったんだ…

こんな時代だからこそ百パー

全然働かず、遊んでばかりいた一月を空っけつで何とか乗り切り、何ごともなかったかのように乗り込んだ二月。 今年は閏年なので一日余分に過ごせる二月、サイコーです。 今月こそ、ちゃんと働いてやるっ、とヘンな意気込みで挑んで参ります初っ端の一日は、…

イデオロギーを自ら鬱陶しがるとは何ごとか

この十五年間というもの、基本的に何もかもを一人でこなしてきたので、もちろんながら悩んだり迷ったりすることはとても多かったように思うのだ。 会社や組織に所属していても、事情は違えどやはり悩んだり迷ったりすることは少なくなかろうとは思うのだけれ…

目に見えるつもりなら、そんなものはもう古臭い

目が覚めて、今日は生ゴミの日だと気づいて飛び起きた。 いつもより少し寝坊をした。 他のゴミの回収と比べて、生ゴミの回収はスケジュールがタイトらしく、リミットは大体八時十五分くらいの感覚でいる。 三十分ほどの余裕を残しての起床だった。 連休明け…

言い訳に”正義”は付きもの

多くの人々が”仕事始め”であるはずの今日、そんな”はず”などということはとんだ誤解ってもんですよね、と力いっぱい思っているアラズヤ商店です。 みなさま今年も張り切って、それぞれの思いの下、頑張って参りたいものです。 あたしはすでに仕事始めを終え…

フラフラしてない師走、鬼が笑う

本気で、どうしていいものやらさっぱりわからないような毎日を送っている。 ハッキリ言って、今日も有り余るような時間をどうやって過ごそうか、のようなことをかなり本気で考えたりしている。 起き抜けからプログラミングの勉強をする習慣は辛うじて続いて…

波平が警鐘を鳴らす

ググりまくって今日も日が暮れる 不安になると、人は何かと知りたがりになるものらしいのだ。 かく言うあたしこそ、自信がなくなったり、やるべきことの方法がわからなくなったり、そもそもそんな考えが正しいものなのかどうかすら信じがたいような気分にな…

”ダサい床屋”に今こそなりたい

アイ アム おテンテン みんなに嫌われてしまうかもしれない。 そうはわかっていても、抑え難い衝動というものはよくあることだ。 まして、あたしのようなおテンテンなタイプの人間は、それがただの勘違いだったりなんかしても後先考えずに”まず実行っ”するこ…

ソーシャリズムは安心して白状する《”疲れた“の欺瞞》

“いいね”に疲れました。 嘘です。 のっけからものすごい嘘をつきました。 申し訳ない、心に1ミリもないことを言ってしまって。 “いいね”に疲れた。 信じられない、あたしはもっと全然別のありとあらゆることにヘトヘトに疲れているというのに。 そんな程度の…

坂口さんと加護さんのしっくりこない瞬間風速

”自分らしく生きる“ もっともなようでいて、その実迂闊に口にするとたちどころに胡散臭い感じに化かされかねない危険なワード、いやメッセージではあるまいか。 メッセージ性に問題があるというよりは、扱いに注意とか、分相応とか、つまり何だか極めてプリ…

香取くんがつまらなそうだ

“ぼくたちロトもだち” 朝っぱらから、香取くんの目が死んでいる。 “パラリンピックなんちゃらアンバサダー”とか何とかなのだそうだ。 スッキリ生出演である。 大丈夫なのだろうか。 2記事連続のジャニーズイジりである。 率直に申し訳ない。 朝の時間帯のジ…

野犬の鳴き声を聞いたことがあるかい? ジャンケンポンと鳴くんだよ。

ジャンケンで勝ったら、カット料金 ¥0‼︎ などという馬鹿げた企画を始めて、半月が過ぎた。 発案当初はなかなかにアヴァンギャルド且つアナーキー、つまり他の追随を許さないキレキレに冴えまくりのストロングインパクト企画爆裂の予感にワクワクと胸を踊らせ…

ナイトシフトする能年玲奈は行列に埋もれない

すっかりいい歳だというのに、朝起きて洗面所の鏡の中で出くわす自分の顔はアゴのあたりにみすぼらしい吹き出物をこさえていたりする。 あくまでも“吹き出物”なのであって、“ニキビ”とは呼ばないらしい。 何かのCMで“大人ニキビ”なるワードを見かけたことも…

正しいことに行列なんていらない

隅田川花火大会の“スカイツリー爆破ネタ”がプチバズっている。 ヘシ折れコラとかゴジラコラとか、リプライも手が早くてめっちゃ面白いのである。 面白いのである。 面白いのだけど、“プチバズ”に留まっていることにわたしたちはとても敏感な時代に生きている…

もっともらしく所詮もっともでも何ともないのは、負うものがないからで当たり前なんである

アツい日が続いている。 あたしはアツいのが苦手なので、はっきり言って大変なのだ。 アツさは体力を奪う。 連日のアツさに奪われすぎて、朝っぱらから寝てしまった。 目覚めると、お昼前だった。 気分的には、まあまあヤバい感じだ。 こういうときは気をつ…

山本太郎落選。敗因は宮迫、吉本のイレギュラー案件です気にすんな。

何だかんだで、真逆に行きがちなんである。 ときに世間ではそのような人間のことを“クソ”なんて呼んだりするものなんである。 突然そんなことを言われても、一体何のことなのだかさっぱりわからなかろう。 それはそうだ、他人事とは押し並べてそういうことな…

話し下手なモーセ

7月なのに寒い。 お店の中で過ごしながら、寒がっている。 足元は裸足にサンダルだ。 態度が悪すぎる。 寒がる資格はハッキリ言ってゼロに等しい。 そもそも、あたしは夏も冬も装いにそれほど変化のない人間なのだ。 Tシャツにカーディガン、ボトムは適当な…

知らないから信じない馬鹿

あなたは自分の性格あるいは性質を一言で端的に言い表せるだろうか。 すぐに。 秒で。 あたしは自分への客観性に疎いので、その気なくズレたことを平気で言ったりして聞く人を引かせるのが関の山だ。 にもかかわらず、たった今それを尋ねられても秒で答えて…

わかってもダメなことをしている

"雰囲気まるわかり" とあるCMのコピーだ。 それを耳にした途端、あたしは震え上がった。 見るともなく見ていたテレビから飛び出したそれがあたしの鼓膜を揺らしたのはとある休日の午後のこと、森永エンゼルパイのマシュマロとチョコによる激ウマコンボ攻撃に…