アラズヤ商店

日々のナマキズ

いちいち動揺する人になりたい

ヒマなので、ブログの過去記事をリライトしまくっている。

日曜日なのに澄ましてそんなことをしていられる自分にびっくりだ。

だからと言って他に何かすることでもあるのだろうか。

今日のヒマに太刀打ちできる術などない、とつい最近も確認したばかりだ。

“舌の根も乾かぬうちに”な奴ではないあたしは、ちょっとヒマなくらいのことにいちいち動揺しないのである。

昨夜少しばかり夢見が悪かったくらいのものだ。

深層心理に訴えてしまうなんて、まだまだ修行が足りないというものだ。

 

 

過去記事を読み返してみると、大体過去の自分なんてクソ以外の何者でもないことはよくあることだ。

本当にクソすぎてびっくりしている。

新しいブログに切り替えてからしばらくの間、記事数を稼ぐために毎日どころか一日に数記事をアップしたりしていた期間があり、そんなクソ記事をリライトするにはなかなかの手間が要りそうである。

数稼ぎのために書き殴っただけあって、見れば見るほどクソばかりで少し情けなくさえなってきている。

自分がここまで嫌な感じの奴だった記憶がない。

もちろんそんなつもりこそなかったので、残念ながらそれが本性なのだろうと思うと今日という日のヒマも、何だか腑に落ちなくもないのだ。

まったく“生きている”という実感が半端ない。

お給料さまはたぶん、こんなことは教えてくれないだろう。

別に知りたかったわけでもないが。

しかしながら、人生に無駄なことなど一つもないらしいのだ。

言いながら、そんなことちっとも信じてないと言いたくなったが、そうでもない気がしたことも確かにあるのでそういうことにしておくのだ。

 

 

リライトに忙しく、更新記事が手薄になるのはどうなのだろう。