アラズヤ商店

日々のナマキズ

熱心に働かない日々

せっかく二日一記事のペースを維持していたものの、すっかりルーティンから脱落した感じに思われているかもしれないが、そんなつもりはこれっぽっちもないので勘違いしないでいただきたい。

 

 

ブレにブレまくってしまっただけで、怠けてなどいない。

いや、むしろ自分でもびっくりするほど、日々の生活に熱心なくらいなんである。

 

 

つまり、そんな熱心さの中から、ブログ更新がはみ出してしまっただけなのだ。

”優先順位”というカーストにおいて、ブログ更新はずいぶんと、下位に位置付けられてしまったようなんである。

 

 

もちろん、今日も熱心に暮らしている。

仕事場には、もしかしたら昼過ぎくらいには向かおうかとも思っているが、どうなるかはわからない。

お弁当を作らなかったので、お昼までは家にいるつもりらしいことだけは確実ということだ。

 

…日曜なのに、予約がないからな。

 

 

だからどうしたというのだ、そんな程度のことではないか。

そんな程度にはツメの先ほどもかかずらうことなく、熱心に過ごすことはそんなに難しいことではないのだ。

 

今こうして、久々にブログを更新していることも、つまりそんな一貫ということなんである。

 

 

 

職業には熱心ではないのだが、何やら毎日の暮らしには熱心な気がしている、ということなのだ。

 

何しろ、ダラダラしていない。

それはあたしのような人間には、まったく驚異的な状態、ということに違いないんである。

 

 

基本、あたしはダラダラすることが超絶大好きだからだ。

 

何しろ、今も猛烈にビールが飲みたい。

昨夜飲みすぎて、トイレにも行かずに寝落ちしてしまったせいで体内に蔓延したホルムアルデヒドによって寝起きの脳はまさに、ガンガンに水分を含みまくった圧迫痛で爆死寸前、といった状態だったのにもかかわらずだ。

 

 

しかもそれはまだ地獄の入り口に過ぎなかった。

 

何がどう地獄かというと、例えば毎日を熱心に暮らしているあたしの、寝起きのルーティンは地味にハードなのだ。

 

ストレッチ & 筋トレ

 

朝っぱらから超ヘルシーなおっさん爆裂なんである。

だからといってそんなに無理はしない。

というか、出来ない。

 

腰痛持ちだからだ。

 

というよりは、そんな超ヘルシーなストレッチ & 筋トレは、むしろ腰痛対策発進なのだ。

調子に乗ったことをすると、むしろ壊れてしまいそうなデリケートさにおいて、毎朝熱心に取り組むべきものなんである。

 

ルーティンワークは、全部テレビで見知ってかき集めたフィットネスワークである。

しかしながら、めっちゃ効果的なやつだ。

おかげで近頃は、三回くしゃみするうちの一回くらいは、腰が砕けなくなった。

日常生活における地味な地獄は、まだ半減にも満たないが、まだまだこれからなのだ。

熱心は、そう簡単にはくじけないものなんだぜ。

 

 

一先ず快適なのだから、やめられんやめられん。

 

あたしの毎日は、朝からこんなにも熱心な有り様なんである。

 

 

 

そんなルーティンワークを起き抜けからこなして、娘の弁当と朝ご飯を作った。

頭痛が酷いのか、血圧が明らかにどうかしているのかよくわからないが、とにかく猛烈なダルさと戦いながら、決して「具合悪いですカンベンしてほしいです」といったようなことは、これから仕事に向かう娘のテンションに悪影響を与えると思い、必死で口をつぐんだ。

 

強烈に”父っぽい”マインドは朝っぱらから全開である。

無償にてもたらすものなんである。

まさに、慈悲。

 

 

そんなものすら、あたしの毎日の熱心からもたらされるマインドのような気がするのだ。

素晴らしい、胆力が突き抜けているのにもほどがある。

我ながら惚れ惚れするとはこのことである。

見た目は細いが、マインドはハルク並みのゴリゴリなんだぜ。

 

 

必死で作った朝ご飯は、くそマズかったがご愛嬌なんである。

具合が悪かったから、サジ加減とか、舌の具合こそが悪かっただけに違いない。

ときにはそんなこともあるということだ。

 

 

結局、あきらめて鎮痛剤を飲んだ。

”一回二錠”との処方だが、真に受けていると肝臓にキて背中が痛くなってしまうので、恐る恐る一錠だけ、午後の紅茶ミルクティーで流し込んだ。

 

それから一時間後、ようやくこうしてブログを更新している。

頭痛にも負けず、くじけて寝込むこともなく、優先順位下位に位置付けられているルーティンワークのゴミクズのようなブログを久々に更新している。

 

そんなことすら、毎日に熱心であることの賜物なんである。

 

 

 

恐らく、今後も”二日一記事”はやらないだろう。

絶対に無理だ。

 

仕事で文章を書きまくっているからだ。

クソくだらないこんなブログに割くエネルギーも文才も、思い入れこそちっともないんである。

 

クソゴシップライターなど、そんなもんに違いないんである。

検索能力が低すぎて、嫌になりつつあるが、熱心な性分に任せて乗り切ろうと思っている。

 

 

あたしが熱心な性分なはずなどあるわけないので、そもそもそんな考えから間違っている気がして仕方がない。

 

 

 

まあよい、そんな仕方のなさなどあれこれとやりたがる勢いに任せて押し流してしまえばいいと思っている。

 

働かないが、人生には熱心なほうのつもりではいるのだ。

 

 

 

何だか、新しい生き方のような気がしないでもないではないか。

 

そんな考えこそがそもそも間違っている、などと言うことは、やってみてから実感したらいいんである。

 

 

 

追記

 

不明瞭な文脈がありまくったので直しまくった。

やはりいろいろ間違っているみたいでつらいんである。