アラズヤ商店

日々のナマキズ

因果シビれる

相変わらず財運線がズタズタなので、働いても無駄みたいな気分で毎日を過ごしています。

けれど人間とは不思議なもので、働く気はなくても日がな一日家で過ごすのは何となくイヤらしく、よって何の目的もなく何となく出掛けてしまうという無責任極まりない行動をぼぅーっととってしまうものらしいのだ。

 

昨日は休日だった(別に休みたくもないのだが)ので、完全に引きこもるつもりでいた。

しかしながら、朝食を食べている時点でタイヤの交換をしていないことに気づいてしまったので、さっそく引きこもり計画は頓挫の様相を呈してきたんである。

しかも、突然のメール着信(あたしはプライベートではLINEを使ってないのだ)。

義理の姉からであった。

タイヤを交換してくれ、と。

昼には出掛けたいから午前のうちにやってくれ、と。

 

何だこの人、当日の朝っぱらいきなり。

あたしは口に出さずに、しかしながらすぐさまムッと来たのだけれど、よく考えたら二週間も前にそんな約束を取り付けられていたことを思い出して、何だかとてもやるせない気持ちになったのであった。

 

つまり、何だかちぐはぐなのだ。

 

f:id:arazuya:20191210173759j:plain



 

 

働きたいのに、あまり仕事がないのだ。

しかもこの年末に。

ちょっと、我ながらさすがにどうなのだろう? と半ば廃業も視野に入れての憂鬱とここ数日激闘を繰り広げているのだけれど(まじなやつだ)、繰り広げてみたところでヒマなものはヒマなんである。

貯金も尽きてきたので、デッドラインも目の前、という年末なのだ。

 

ならばと、やる気がないなりにふて寝してしまおうと思えば、タイヤ交換だったりするんである。

動きたくない。

いや、正確には動く気力もないというのに、である。

 

 

何だか、何者かに見張られているような気分にさせられるではないか。

 

いやいや。

 

 

これまでのあたしはわりと、すぐにそういった何かしらの何か、のようなものの気配にこじつけて現実こそこすりつけて誤魔化してしまいたい性分がかなり猛烈な感じなのだが、ときに、近頃YouTubeで知った”大愚和尚”という方がやられているチャンネルに実はしっぽりとハマっているあたしは何故か、いやいや、な感じなんである。

 

 

つまりそういった考え方は、神様仏様に対して何よりも失礼な、そして裏切りのような態度なのだそうなんである。

自分以外の何もかに因縁をあずけて、自らの現状に不服を思いつくなどということは、神様仏様が与えてくださった今世を愚弄する態度なのだそうなんである。

つまり、自分以外の何物かの因縁によって、自分の何かが捻じ曲がるようなことなどあるわけもなく、すべては己による因果なのだ、ということなのだ。

 

端的に言うと、”神様仏様は、実に合理的なんです”ということらしいのだ。

 

 

何だか、ほっとするようなお話ではないか。

神様仏様から授かった今世ではあるけれど、その有り様のすべては、己の生きざまによるものなのだ、とはっきりと言われてしまうんである。

 

 

お店がヒマなのは、あたし自身による因果、ということなのだ。

……まあ、わかってはいるんだけど。

 

実に厳しい現実ではあるのだけれど、しかしながら今日という日が何者かのせいなどではなく、ハッキリと自分自身のせいでしかない、と断じてくれる仏教の教えというものには、あたしのようなかなりくだらない人間ですらも、ビリビリとにシビれてしまった今日この頃なんである。

 

 

だからって、明日すぐに何かがどうにかなるとも思っていないので、明日という一日がもたらしてくれる良き因果を目指して今日はもう頑張ったのでその続きを明日も続けたいと、いつになく前向きなことを思ったりしてみるものなんである。