アラズヤ商店

日々のナマキズ

そんなもん売ってませんし、ムカつかれても困ります

商売やめます。

 

少なからず執念深く思い続けてきたことでしたが、やはり、と昨日はっきりと思いました。

そんなものはやはり、あたしには端から向いていなかったよな、とやけに腑に落ちました。

 

商売というものに所詮”意図”などというものは存在せず、それはもちろん差し出す側、つまり商売というものを仕出かすらしいあたしら側のハナシということで、何を仕出かそうが企もうが良かれとしようが、お客さんがそれを良しとしないのであれば、望まないものなのであればそこには価値も目的も、ましてや対価を払う理由など一切存在し得ないわけで、何なら悪態の一つでもついてみたところでそれは”クレーム”という世間一般には利用者側が共有するべき認識として良識のごとく存在出来るわけで、何もそれは公的な手続きに訴えるなどといった手間を負うまでもなく、ただ”あの店くそムカつく”とSNSやらブログやらでふわりと一言物申せばたちまちのうちにそんな”くそムカつく”馬鹿商売など世間から抹殺するべく初期概念として一矢報いることが可能なわけで、溜飲も下がろうというもので、しかもそれについて実や不実を要求される以前に単なる”印象”という晒し首を共有して加担することにこそ意義を認められがちなものらしく”選択の自由”あるいは消費者としての”然るべき制裁手段”といった態度を以て単純に、”迷惑”として扱って然るべき行為でしかないらしいのですからつまり、そんなもんやってられっかくそ馬鹿馬鹿しい、ということにはどうやら違いなさそうなんだぞ、と。

 

 

馬鹿馬鹿しくて自分でもなにが言いたいのかよくわかりません。

とにかく、あたしは所詮商売になんか向いていないということなんですな、それ以上でも以下でもなく、所詮たぶん言いたいことなんてそんなにないんですよ、どうせ。

 

 

大体”髪を切る”なんてお節介なことを主な生業にしながら、これほどしょうもない文章を毎日書き散らしている人間なんてたぶんあたし以外にはいるはずもなくてそればかりでも馬鹿馬鹿し過ぎるというのに、どうして商売などという世間一般が考えるらしいくそ馬鹿馬鹿しいような概念にまで付き合わされなければならないのか、といったことばかりをああでもないこうでもないと毎日くそくだらない言葉に化かして言い続けているのに、なんでそんな人間が一般的な商売を正論らしく当てつけられてくそ面白くもない気分で今朝も目覚めなければならないのか、未だにこの世の中はそんなくそくだらない意識がまかり通っているのかと思うだけでまじで反吐が出ます。

 

イヤならやめちまえ、とはっきりと言ってしまいたい。

それを言ってしまった上で仕出かせることがあたしがやりたいはずの”商売”だと、散々言ってきているのに、”そんなことどうでもいい”と世間は小利口の如く退屈に吐いて憚らずいられるほど立派なモノらしいのだから付き合い切れないです、もうはっきりと。

 

あたし程度が仕出かす”商売”なんてものは所詮、お客さんにとっての”便利”とか”仕方ない”くらいの理由でしか選択する余地のないゴミクズみたいなものらしく、”そんなことどうでもいい”と言って蹴散らして憚らずにいられるものならどうして、道端の千円のところとかで済ませて良しとしておけないものなのか。

そういう人にはウチは向いていませんよ、とリアルでも非リアルでも恥じらうのも馬鹿馬鹿しいくらいの勢いで白状して差し出しているというのに、”印象”ばかりで決定してしまいたいらしいくそ馬鹿馬鹿しいこの世の中に向けてわかりやすくはみ出して見せているというのに、肝心なところは自分の迷惑にこそいちいち照らさなければ気付けないなんて鈍感にもほどがあるというものじゃないですか。

ええ、あたしは性格サイアクですから言いたいこと普通に言えますよ、ムカつくものは簡単にムカつくし、快適に生きたいだけなので積極的にそんなくそ面倒くさいものとは関わりたくないと宣言して憚らずにいられるものなんですからどう思われようが知ったことかっつうの、こっちはぐじぐじ文句ばっか言いながら所詮依存するしかないまま給料でまんまと生きていられるような要領のいいらしい皆さんとは別物で了見がくそみっともなく出来ているので全然わかりませんよだからどうした鈍感晒しやがってくそみっともないこっちこそやってられるか。

 

 

みっともないのはどっちだ。

 

 

わかってますってば。

だからって、それを了承されて生きたいだけのことが、それがどうした。

余計なことをするなと言いたいなら、今すぐこっちこそ拒否してやるそんなものくそつまらん。

 

 

何だかんだ言っても、あたしみたいなショボい商売人なんて”好き勝手に生きられて、気楽でいいねえ”なんて馬鹿に出来るような見下せるようなカジュアルさで存在してなんぼなんですよね。

くその役にも立たない大学やら専学なんて高いお金払って行かせるの馬鹿馬鹿しくて一人っ子の我が子を今どき高卒で社会人に仕立て上げて一丁上がりとか言ってる片親のダメおやじなんてゴミクズ同然ですよね一生懸命朝から晩までやりたくもない仕事に励んで子どもの部活と勉強付き合って進学校に送り込んで大学受験まで面倒見る立派な父さんから見たらあたしみたいなゴミクズなんて”おまえ何で生きてんの? 罪感じないの?”くらい破格の人類廃棄物ですよね知ってますともだからこっちくんなそんなご立派さんはさ、って言ってるのにリアルの文脈すら理解出来なかったのかな理解に苦しみます馬鹿でくずでゴミなので毎日スーパー行って献立考えて毎日朝に晩にご飯作ってお弁当作って掃除洗濯くらいしか出来ませんでしたくずですよねくだらないですよね死にたいですすみませんでした子どもはもう立派に自立して暮らしてますからあたしは十分満足ですありがとうございました。

 

 

まじでなんなんだろそんなに偉いならなんでウチの店なんか来てんだろ他人貶めて自分で選んだ人生辛すぎる言い訳探したいくらいならやめちまえばいいのに。

それを当たり前にやってるだけの人間わざわざ見下したがって余計にイライラしてるとかまじで意味わからん。

わかりたくもない。

どっかのバーのマスターみたいなしゃれた気遣いなんて、ウチはこれっぽっちも差し出す気なんてないのに。

それが欲しいならそれなりの場所なんていくらでもあるでしょうに。

そういうストレスを常に請け負って生きている俺さまこそを気遣ってほしいならそれなりの場所を選んだらいいのに。

ウチはそんなことで生きたいわけじゃないって散々言ってるのに。

所詮、たかが商売なんでしょ。

 

 

世の中本当にどうなってんだろ。

社会の常識らしいことにいちいち当然らしく従いたがったのは一体誰なんだろう、それでどうしてそんなに苦し気でいるんだろう、そんなことこっちには全然関係ないのに。

関係ないって言いたいためだけにこっちはこっちで気合入れて生きてるだけなのに、自分で選んだメリット理由に苦しいだの余裕ないだのってまじで意味わからん。

”べき論”も”ねば論”も、こっちはそんな全体論みたいなことには全然興味ないだけなのに。

 

サラリーマン、そんなに辛いですか。

商売人、そんなに気楽そうでイラつきますか。

何だかもうすみませんこんなくそみたいな馬鹿が高額納税者イラつかせちゃってすみませんくそですよねゴミですよね死んだ方がいいですよね子どもに謝れって感じですよね、ってまじでそんな感じ。

社会的に、コンプライアンス的に大丈夫ですか。

 

いや、こっちの方こそ全然大丈夫じゃないですよね人間としてほぼどうかしてますよねすみませんでした。

 

この世に生まれて本当にすみません。

昨日そう言っておけばよかった。

 

 

なんてな。

 

こっちの差し出すものが迷惑らしいことと少しも変わらない意味で、”伸びたから切る”だけのことじゃこっちもお話にならないことくらい、だからこそ積極的に何かを差し出すなり言いなりで済ませるなりのことがそれぞれのやり方だってことくらい、わからないのかなあ。

お互いの都合を付け合わせてこそ問題なくいられることくらい、わからないのかなあ。

 

 

消費者の選択の自由なんでしょ? 所詮商売なんて。

ただそれだけの理由に晒された上で、あたしはただのクズなだけなんでしょ?

それを承知の上でこっちだって快適に選択されるべく情報を事前に差し出しているわけでしょう?

値段なりサービスなり優れた技術云々なんてこと、訴えたりしてないでしょう?

そんなことばかりならあちこちにいっぱい溢れてるでしょ、あなたにとって快適らしいモノなんてさ、って散々言ってるでしょう?

 

もうそんな時代じゃないって、あたしは本気で思ってるだけだって、散々言ってるでしょう?

 

 

散々言ってるのに、振舞っているのに、今さらそれにイラつかれたって、こっちは知りませんて。

むしろびっくりしちゃいますって。

 

 

もうやだ、絶対やらない。

世間が当たり前みたいに思ってることなんて、絶対にやらない。

意味がわからん。

 

 

もうやめる絶対。

ほんとただ中途半端なだけのゴミクズですみませんでした。