アラズヤ商店

日々のナマキズ

サラバ諸君にあたしだって負けるものかいってらっしゃい待ってるよ

三連休初日、パッとしない予約状況だったのにもかかわらず、終わってみれば何だかいい一日でした。

 

明日は、ちょっと特別なお仕事です。

幼稚園の頃からずっとウチに通ってくれていた子がこの春、めでたく進学のために上京することになり、明日は高校の卒業式仕様でパーマをかける予定です。

髪を切らせてもらうのも一先ずはこれで最後になるのかもしれないと思うと感慨もひとしおですが、これからの活躍と素敵な卒業式になることに願いを込めて、かっこいいスタイルに仕上げて送り出してあげたいです。

 

この春は、例年よりも上京のため地元を離れるお客さんが多くていつにも増してに寂しくもありますが、みんな子どもの頃から通ってくれた馴染みのお客さんなので、こちらまで誇らしい気分にさせられる喜びの春です。

 

きみたちが立派になって帰ってくる頃までこのお店があると思ってくれるな、と時の偉大さを示すべく心ない惜別の言葉ばかりを思いつきたがるアラズヤなのです。

諸君の明るい未来に負けないくらいに、おじさんも明るく進んで参ることなんであるよ、とは胸に仕舞って口を滑らすことギリギリ堪えつつ、長らくのご愛顧に深く深く御礼申し上げる春なのです。

 

いってらっしゃい。

楽しんでらっしゃい。

立派な親御さんの協力と何よりも自身の努力の賜物たる最高の時間を、大いに満喫してきてください。

 

気が向いたら、またいつでも寄ってよね。

なんてな。