アラズヤ商店

日々のナマキズ

ウイルスは変異しても、混乱する人間は相変わらずらしいです

ついに県内でも感染者が確認されたらしいのですが、ついになのか今さらなのか、その受け止め方は様々なようですが、デマ情報なども多く、徒に緊張と不安ばかりが増すという由々しき事態には違いありませんね。

 

季節外れともいえる今日の雨が如何ばかりか空気を洗ってくれるもの頼もしいものですが、感染した人がびしょぬれで暮らしているはずもなく、よくも悪くもそんな気やすめのようなことは思いつきたがるものではないよなあ、と自らの安直な怯えにため息が漏れる就寝前、といったところでしょうか(早っ)

 

 

あたしも一応接客業の端くれではございますが、訪れるお客様は百パー常連の方のみなので素性が明らかであることはお互いさまで、何なら現状以上の緊張が高まった暁ではなく単に悲惨な現実としては、恐らく良かれとして誰一人お出掛けいただけることはなくなるだろうということは想像に難くないはずなので、現状頂いている予約のキャンセルも含め、ややもすればこれは長期の休業も視野に入ってくるのではないのか、といったつまりは事実上の経済破綻という可能性も覚悟しなければならない事態も予想されるわけです。

 

いやはや、アセンションにともなう地球の混乱と想像するにはややも事態は軽薄な気配を感じさせないでもありませんが、所詮行方のわからぬ事態であることには違いありません。

令和二年、今年はとても重要な年になる気がするなどと勝手なことを年初より吹聴し続けてきたわけなのですが、想像以上に手厳しい一年となるのでしょうか。

 

ともあれ、ネガティブなことばかりをあげつらって気持ちを構えさせてもいいことは何一つない気がしますのでここは努めて楽観的に、手洗いうがいの習慣こそ努めながら、空いた時間の有効活用などについてよほど知恵を巡らせるものではあるまいか、などと個人的には悠長なようなことを考えております。

 

感染を拡大させないためには一人一人の心掛けも肝心なこととなりましょうが、世間全体に蔓延する混乱を人一人で思い悩むことにはさほどたいした意味もないと考えるものといたしましては、祈りはしても滅入ることは避けようと、今日も瞑想に努め潜在意識をよりポジティブな稼働領域に進化させることに励むばかりなのであります。

ヤバい、などと言いたくなる了見なら、好きにしたらいいです。

情報におもねるばかりで気持ちを乱すくらいなら、シンプルな思考に委ねてパラレルな幻想を呼び寄せる方がどれほどか心が安定したものか。

われながら言質ヤバいですね。

 

ヤバいかもしれないですけど、それにしてもヤバいと嗤う世間は何だか、あまりにも想像力に乏しいような、まんまと混乱に向かわされる想像力の貧しさに甘んじてばかりのような気がしないでもないのですが、例えばあなたはどうですか。

現実とは名ばかりに、ありえないらしいことを見下げるらしく振舞って引き寄せる現実に、少しも信頼を見いだせずにいたりしないですか。

現実っぽさこそがありえなく、ありえないようなことこそが現実だったりすることが完全には否定しきれない時代に、あたしたちはもうずいぶん長いこと暮らしている気がしないでもないのですが、どうなんですか。

 

8:2の法則はどんな分野にも通用する原理のようなものらしく、それは政治も経済も、果ては宗教すらも分断できない一定の背景の中で近代の歴史を司って来たらしいことこそほぼほぼ明らかで、8なのか、2なのか、その役割や意味は随時入れ替わるものらしいのだけれど、その比率においてすべての事態はほとんど説明出来てしまうという所詮人間が考え付いたことに過ぎない不埒な現実あるいはその誤解を、あたしたちはごく個人レベルでそれぞれにもっと正確に、想像することがこれからますます要求される、試される時代へと突き進んでいくように思わされる、あまりにも当然のごとく想像させられる気がしないでもないのですが、どうなんですか。

ヤバいですか。

 

混乱に晒されることは恐ろしくもありますが、どこか心の隅で馬鹿馬鹿しいような気がどうしても拭えずにいるというこの世の明確過ぎる隔たり、のようなことを言っているつもりなのですが、わかりますか。

 

この世はいよいよ深刻に、馬鹿馬鹿しく極まりつつありませんか。

やっぱりとても重要な年になるような気がしないですか、何だか。

 

ヤバいですか。

わかってますって。

もうそんなことは言われすぎて、飽き飽きしているんですから。