アラズヤ商店

日々のナマキズ

せっかくだお望み通りこんなものこそくらえ

生きているだけで毎日色々なことがあるし、色々なことがあるようでいて俯瞰して眺めてみると代り映えのしない毎日でもあるわけで、一体どっちを信じたらいいものかすっかりわからなくなるのだけれど、すっかりわからないらしいなりにもハッキリとわかっているのは、何事につけあたしは世間の考え方と何一つまともに噛み合わないということで、それは単純な意味とか理由といった意味でハッキリと食い違うのではなく、わかるんだけどそうじゃないんだよ似たようなこと言ってるようでいてそこんところがさ何となくさ、といった一見区別するには曖昧な、それにしても一緒くたにされてはタピオカに黒小豆が混じるようなもので所詮全然歓迎されない異種混合状態ということで、迷惑らしくクレームらしく排除されるのがどちらかと言えばもちろん黒小豆である確率はかなり濃厚で、あたしは多分そんな濃厚な確率をずっと生きてきたらしいのだしいよいよ強烈にその確率のゲージをほぼ完ぺきに塗りつぶそうとしているらしい、ということを言いたいらしいのですが、誰か付いてきてますか。

 

近頃、車を運転しているとかなりの確率であたしの後ろに後続車が見当たらないことがやけに多くて、”ああ、続く者はおらぬか。まったく孤高であることなだあ”などとシンクロの如く露呈する自らの人望の無さ商才の無さ展望の無さ才能の無さのようなことをあたし以外の誰にも気付かれない手口で全人類から揶揄されているような被害妄想に苛まれて、このやろう、とあたしは一先ずこんなブログを書かずにはいられなかったりするのです。

まったく無意味。

 

いやになっちまうのさ。

 

 

わかりやすいことが、完全にイヤだ。

違う、わかりやすいことにまとわりつくものが悉くイヤなのだ。

 

けれどこの世は便利でわかりやすくてみんなが知っていて間違いがなくて、でも人とはちょっと違う感じのものが欲しがる上で自分では何もしたくない考えたくもない、というくそ馬鹿を完全に満足させるものが勝ちなのだから、あたしなんか噛み合うはずがないでしょう当たり前です。

だってまじでムカつくんですもん。

 

 

でも仕方ないです、もう諦めました。

それどころか、”よく正直に言ったぞ自分”って褒めてやることにします。

認めてやることにします、絶対交われない自分をとりあえず。

 

あたしは商売として成果を上げるために努めるべきとされる当たり前のようなことの悉くがほぼ大嫌いで、全然やりたくなかったし、やっぱり出来なかった。

やろうとしてみたけれど、そうして手に入るらしいものは所詮気色悪いし信用ならなくて、ムカムカするばかりもやもやしてばかりでした。

自分で好きじゃないものを理由にしてかき集めるものなんて、そんなもん嬉しくも気持ち良くもなくて当たり前ですよね。

でもそうしなければ世の中は馬鹿にするし、あたしも生きてゆかなければならないしどうせなら褒められたいしだって人間だもの、ムカつくじゃないですか、印象だけで適当なこと言って利口みたいな顔したいやつなんて、くそムカつくじゃないですか。

 

あたしが大嫌いな方法っていうのは、そういうくそムカつく奴しか絶対に集めないってことくらいもちろん昔からわかっていたけど、でも世間はそれをやらないとくそ舐めたようなことばかり言うじゃないですか。

そういう目で見るじゃないですか。

そういう目でモノを言うじゃないですか。

 

 

何で勝手に生きてるのかなあ、って思うと、やっぱりそういう大嫌いなものと関わって生きていたくないからってことに尽きることはわかり切っていて、でもたぶんそんなものが世間の大半だってこともわかっているから、所詮無理なんですよね何言ってるのかわからないでしょうけどこんな感じの悪いことは。

 

 

でも、アタマか心のどこかではもしかしたら何とかなるかも、好きなモノだけで何とかなるかもって思っていなくもなかったところもあったんですけど、単純にあたしにはそれは無理なんだってこともだいぶわかったような気がしてます。

好きなモノだけで立派に生きている、結果を出している人は世の中にごまんといるというのに、あたしにはどうやらそれまでの能力も魅力も才能もセンスもない。

 

いやだなあ、って感じです。

 

 

わからない人、イヤだなあ。

ってことです。

びっくりしちゃいますよ。

あたしは能力も魅力も才能もセンスもない自分のことより、そんなあたしが何を見ても聞いても揺ぎ無く結びついてしまう思いついてしまう単純な答えがわからないらしいこの世のほとんどの人たちのことを見下すように見くびるように、まるきり恨むみたいに大嫌いらしいんですから。

 

 

逆恨みしたまま処刑される愚かな死刑囚みたいなものですまじで。

 

 

 

 

流行りのウイルスに罹患しないように努めるということは、所属して生きる人間にとっては義務のうちであることくらい言われなくてもわかるけど、でもあたしは一人で勝手に生きているから、いつもは素通りするはずの人間どもが列をなしてマスクやティッシュを求める姿になど所詮理解は示せないし優しくもなれないです。

 

不幸にも罹患してしまった人はマスクをするべきとはあたしも思うけれど、何ともないのに、ぴんぴんしているのにマスクをしないと気が気でないらしい人は所詮思考がゴミなんだと普通に思ってしまう。

どこかの識者が「どうしても心配な人はマスクを着けて、気持ちを落ち着けることも必要です」のような優しいことを言っていたけれど、あたしは所詮えげつなく薄情なので”そんな水で編んだ布切れ一枚で救われる気がしてしまうとかてめえの神経どうなってんの人生どれだけ健やかなの生まれて今日までどれだけ優しかったの馬鹿なんじゃないのそんなひ弱な根性の馬鹿は真っ先に感染するに決まってるじゃんか気合が足りなんだよ観察がくそなんだよこのヘタクソ”なんて完全に思ってしまいますええ最低ですよ口から何からすべてがゴミクズですよそれがどうした。

 

 

実際がどうなのかなんて、そんなことあたしが知るわけないです。

だからって、知らないまま鵜呑みにして不安がったり行列したり買い漁ったりなんて死んでもやる気ゼロってひねくれ方だって少しくらいほめてくれたっていいじゃないですか、そこらで見聞きするような情報なんて全然納得がいかないしむしろアタマおかしいんじゃないかって、そんな気しかしないから自分なりにものすごく便利なインターネットってやつでファクトチェックするんじゃないですかリテラシー鍛えるんじゃないですか、そうして自分なりにこの世のほとんどらしいみじめな感度に絶望してるだけじゃないですかそんな程度でしかないことのどこが悪い何が悪い。

ドラッグストアまでお使い頼まれてウンザリしてる父さん、そこのあんただ馬鹿なんじゃないのそんな根性で一家の大黒柱とか意味わからなくないですか家族守るとか言うわりに所詮は今どきそんなもんだろなんて簡単なこと言って小遣いもろくに稼いだことのないような子どもに借金負わせてやる気ないこと承知の上の余分な勉強させることが親の努めとかって今どき意味わからないこといつまでも疑おうともしないでしょ何考えてるんですか思考停止も甚だしくないですかまじで意味わからんしわかりたくもない信じられん。

 

 

嘘でも馬鹿でもいいから、絶対に自分で考えなければ気が済まん。

間違っていてもアタマおかしくてもいいから、自分で考えたがらない奴らなんて片っ端から当たり前に見下してやるんです。

決まって全然面白くないんですよそんな奴らの言うことなんて所詮。

ネットなんて今さら検索しても嘘ばっか、検閲されて支配したがる奴らに都合のいいことばっかしか出てこないじゃないですかそれでもそんなものを濾してどうにかする網なんて自分の脳みそくらいしかなさそうじゃないですかだから馬鹿も馬鹿なりに考えるのにウイルスヤバすぎてマスク買えないとか馬鹿ってまじでどっちなんですか。

 

 

あたしは馬鹿なあたしを絶対に認めてやろうと思い立つしかなかったみたいです。

何しろもう無理でしょう、間違っていようが何だろうが他に信じたいものが全然見当たらない。

たった一つ見当たるものがこんなくそみっともないだけの自分だなんてまじで笑えないです冗談キツすぎです神さま。

でも感謝してます何しろどうせあたしは余計な何かをあたしなりにだけどちゃんと知ってる。

 

そういうことにする、ってとりあえず決めたんですよ、っていうかずっとそんなんでしかなかったんですよ神さま間違ってますか。

そうですか、やっぱりなまあいっか。

 

答えを選ぶだけなら、そんなのただのおみくじみたいじゃないですか。

聖書を知って従うだけなら、そんなのはただのカンニングじゃないんですか。

 

言ってる意味わかりますか、神さま。

どうせお見通しのはずですよね、神さま。

学びの多い人生をありがとうございます。

あと一息だ、っていよいよ思いたがるみたいなんです所詮馬鹿なので。

 

世の中に蔓延してるのって、ウイルスだとかってそんなの嘘でしょ。

冗談キツいですやめてくださいよまじで。

全然おもしろくないですよねそうですよね。