アラズヤ商店

日々のナマキズ

【悲報】ウイルスが下手糞ノロマすぎて待ちきれないので手前で打ち切りますお手間には及びませんこの下手糞【嗤】

今どき一番精神衛生に良くない場所と言えば、恐らくはスーパーやドラッグストア、ホームセンターといったところであることはほぼ間違いなく、精神衛生の為に努めて近づくべきではないと思われる場所もまた、言わずもがな、ということなんでありまして。

 

何を求めようにも、何をしようにも、それにまつわる全てのものが欠品だ品切れだと、すっからかんになった売り場を目の当たりにするたびに、そのあられもない貧しさについてそれが誰のせいでも構わないしそんなことくそほどの道理もどうでもいいから今すぐこの瞬間にこんなくそ見苦しい世界はすべて吹っ飛んで消えて無くなれ終っちまえ、と心の底から思います普通に。

 

今さら何ウイルスだか知らないですけど、全員一人残らず感染発症重篤化必須で一人残らず死ねばいい、それが平等という究極の結論ではないのかと個人的には完全に思います。

せめては、あの手この手で生き残りたがったエゴのカタマリ馬鹿だけが貧しいだけの地獄にめでたく生き残って空っぽの空に気が済むまで自慢を叫んだらいいんですまじで。

おめでとうよくやった、って今のうちに言っておこうか。

 

 

 

こんな程度の騒ぎや情勢に苦しみだの困難だの混乱だの不幸だの地獄だのと、そんなことを叫びたがるやつは全員一人残らずこれまでの世の中の悪しき慣習に甘えて誤魔化して嘯いて装って甘いとこ啜ってきただけの所詮詐欺師かやくざか守銭奴くらいとしか個人的には考えられないわけですから、泣き叫ぶのはただのお釣りだと覚悟するべきだとすら思ってます。

 

それはもちろんあたし自身にとってこそ、ということだと覚悟しているということです。

 

 

それぞれが身の丈に合ったことを正直に仕出かして抱えてきたものという自覚があるつもりなら、自粛と補償はセットだのと知ったような講釈をのたまう前に、まずは運命抱えて地獄に落ちる覚悟を思いつけと言いたい。

 

自営業とは、フリーランスとはそういうことじゃないのか。

 

上手くいっているときは、”自由でいいねえ”、”好きに働けていいねえ”、”気楽でいいねえ”、と何を言っても許されるようなくそ馬鹿な鈍感文句にイライラさせられて、いざ世の中が傾き出したらまんまとみずから阿鼻叫喚を晒して”ざまあみろ”とサラリー諸君の留飲を下げまくる絶頂キモチいい吐け口ゴミクズ扱いで同情とか蔑みとか押し着せられながら恥も外聞もなく自ら”自粛と補償はセットで”なんて、馬鹿ほど正直なだけのくそ政治家に怨念がましくリベラル吐いて恥の上塗り晒しますか。

 

どうして自営業やフリーランスが、サラリーどもに所詮疎まれ蔑まれるか、わかってるんですか。

そんなもん、臆病者のただの怨念でしかないんだって、どうしてわからないんですか。

盛ればこびへつらい、落ち目と見れば見下げて溜飲下げる格好の餌食。

飾るにも、切り捨てるにも都合がいい、ただの道具。

 

好き勝手しやがってムカつくんだよお前ら、って疎まれてるだけなんですよ所詮。

 

 

自由に生きられない。

その覚悟がない。

その意志がない。

そのアイデアがない。

その自信がない。

そのお金がない。

 

 

そんなもん、どうせ後からついてくるっつうの気にすんな、ただ過ぎてく時間の方が余程もったいないんだっつうのこちとら。

って、頭より体が先に動いちゃう自由人にはなれないてめえのことが恨めしくて悲しくて情けなくて、でもそんなこと認めたくないからそんなてめえとは正反対の自由人が目障りでしょうがないけど悪者にもなりたくないから、”自由で言いねえ”、”好きに働けていいねえ”、”気楽でいいねえ”なんてゲスい物言いに化かして唾吐いて、世の中傾いたと見ればここぞとばかりに”ざまあみろ”ってさ、てめえが勝手に吐いた空しさ回収して溜飲下げるばっかでしょう。

 

 

舐めんなくそ馬鹿どもが。

 

って、思わないんですか、自営業フリーランス諸君。

こんなときこそ、ようやく死ねるってワクワクしてこないんですか。

めちゃくちゃしたくなってこないんですか。

 

誰のおかげで今日まで生きてきたのか。

ずっとそう思って生きてきて、そうして頑張ってきたものは、たかだかこんな程度の騒ぎや情勢を理由に遠ざかって、それが常識だのマナーだの、死なないためだのって何だかわけのわからない布切れで顔半分隠しててめえがただの人殺しだってこと無自覚に白状して指名手配に備えてら、ってあたしなんか完全に見くびってるんです。

いいえ、わかり切ってましたけどそもそも。

すみませんね、ひん曲がってて。

 

どんな備えだっつうの笑わせんな偽善者どもが、って。

 

 

そうです、あたしは性格も思想も態度も何もかも生物としてサイアクです。

当たり前です、こちとら今日までの半生を自分ばっかで命掛けて生きてきたんですから、サラリーで鼻高いような勘違い馬鹿に勝手なこと思われようがサイテイ呼ばわりされようがそんな全然芯食ってないようなこと少しも気にならないって全力で嗤えますってば笑わせんな。

会社潰れたら、また次にどっか寄生して命拾いしたとか一生寝ぼけたこと言ってろくそ鈍感どもが。

 

 

 

信頼できる人間とだけ完全に生きたい。

向かい合う相手を完璧にリスペクトしたい。

それをこっちに惜しみなく跳ね返してくれる頑丈な信頼を確認させてくれ。

そうしたらこっちこそ完全に丸ごと打ち返してやる。

そうして呼応し続ける関係だけで完璧に生きたい。

当たり前のことだ。

 

金や損得が大事ならそんなものはいくらでもあるだろう、手の平くるくる探ってせいぜい気が済むように搾取されてろ馬鹿ばっかが、うちにはそんなもん一生関係ない。

 

 

絶対に必要なものだけを価値として完璧に認めて払って与えて鳴り響くように生きてやる。

 

 

 

これまでのものは全部捨ててやる。

 

つまらないウイルスなんて面倒なものがこの世をどうにかしようがそんなこと関係ない鈍臭いそんなものいつまでのろのろ時間掛けてんだっつうの下手糞かすっとぼけやがっておかげで世の中いよいよ馬鹿ばっかだ見苦しい、さっさと自分で自分のことくらい完全にぶっ壊してやるいつまで待たせんだっつうのくそノロマが。

 

 

 

 

アラズヤ商店は今月一杯で打ち切ります。

”あそこも辞めちゃったねえ”って、嬉しそうに噂話のネタにでも腐らせてください。

所詮大した話題にもならない程度のものですみませんでした。

 

興味なかったんです。

すみませんでした。